FC2ブログ

スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたつの風船 2005年08月04日 日常 トラックバック:1コメント:2

05080401.jpg
PENTAX OptioS


今日は内視鏡検査を受けてきました。
うわさの新兵器「ダブルバルーン電子内視鏡」です。 (ココココ をご覧ください。)

病院が導入したというわけではなく、デモ機を1日借りたとのこと。
よって、検査ではFTSの方が横についてました。
先生ははじめこそ少し扱いに戸惑うような様子でしたが、すぐに慣れたようだったので安心して検査を受けることができました。
カメラ自体はすごく細くできており、お腹の中に入ってからもほとんど痛みはありませんでしたが、 オーバーチューブを進めるときは突っ張る感じや押される感じがすることあり、多少痛みがありました。
一番痛みがあったのはカメラが小腸に入り狭窄のある付近まで行ったときでした。カメラが病変部にあたったとき痛みなのか、オーバーチューブを進めたときの痛みなのかはちょっとわかりませんが、結構痛かったです。
この狭窄より先には入らなかったので、今日はここで終わり。所要時間約1時間半でした。

僕の場合は小腸末端部の回腸に狭窄が2箇所あるので、今回の検査で、最後の狭窄のところまでを見ることができた事になります。
従来の大腸ファイバーでは大腸の途中までしか入らなかったので、さすがはダブルバルーンということでしょうか。

それにしても、検査前に飲む腸管洗浄剤って何であんなに飲みにくいんでしょう。
今回はニフレックと思ったら違いました。「ムーベン」ってのでした。
レモン風味って書いてるしもしかしたら飲みやすいかも。って淡い期待を抱いたんですが、駄目でした(T_T)
 同じく大腸ファイバーを受けかたが2人いたんですが、この2人はグビグビやってるんです。2人とも1時間もしたら飲み干してました。
ひとり残った僕は手酌でちびちび。
途中で何度かトイレに行ったら便も水のようになっており、残り500mlほどをおまけしてもらいました。2時間以上かかりましたよ。(T_T)

コメント

tbしました
R-manさん、ども^^
何時も綺麗な写真、楽しみにしてます。

ダブルバルーンは結構大変だという声も聞くのですが、感想はいかがでしょうか?
  1. 2005/08/05(金) 14:28:15 |
  2. URL |
  3. くろーん40 #.Q7UDCiU
  4. [ 編集 ]
はじめまして。
>くろーん40さん

コメント&TBありがとうございます。

クローン暦は僕のほうが長いようですが、なにぶん不良患者でしてあまり病気の知識とかありませんので、いつもくろーん40さんのブログで情報仕入れてます。^_^;

ダブルバルーンは確かに痛みとか張りはありますが、今まで見れなかった部位が見れたことを考えるとやってよかったと思います。

ブログではあまりクローンについては触れないかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。
  1. 2005/08/05(金) 23:20:14 |
  2. URL |
  3. R-man #Jq7M09Ag
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://rman75.blog2.fc2.com/tb.php/235-9282e166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新しい内視鏡(その3)-ダブルバルーン電子小腸鏡

従来内視鏡で全域見るのは難しかった小腸を容易に見ることができる仕組みが、ダブルバルーン電子小腸鏡である。昨年10月に発売された。
  1. 2005/08/05(金) 14:23:20 |
  2. 40歳からのクローン病
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。